社労士が成年後見制度に取り組む強み

社会保険労務士としての取り組み

少子高齢化社会が急速に進展していく中で、認知症高齢者や単身高齢者世帯が増加し、成年後見制度においては、親族後見人の専任比率が減少する一方、専門的知見を持った専門職後見人に対するニーズが高まっています。

私たち社会保険労務士は、年金、医療、介護を中心に社会保障制度全般に関わる国家資格の専門職です。

成年後見制度においても、社会保険労務士として有する他の士業にはない知見を活かし、被後見人等の財産を適正に管理するとともに、ご本人らしい生活が送れるように支援いたします。

社労士成年後見センター北海道
理事長 篠原 誠

社労士成年後見センター北海道 理事長 篠原 誠

社会保険労務士が成年後見人となるメリット

年金制度に精通しています

成年後見制度の対象となる方々は、年金を受給できることが多く、年金は生活の糧となる重要なものです。
年金制度に精通した社会保険労務士であるからこそ老齢、遺族、障害年金等の裁定請求等の手続きは言うまでもなく、年金の加入記録をチェックし、年金の加入記録漏れや年金の発掘等の対応ができます。

介護保険・医療保険の手続きを通し権利を擁護します

成年後見等の申立の動機としてあげられている「介護保険の契約のため(施設入所のため)」は、その件数が1万件を超え、申立件数全体の約2割を占めるまでに至っています。
社会保険労務士は、その専門性を活かし介護保険サービスや医療保険の諸手続きを通し、被後見人等の権利擁護に貢献します。

一般社団法人 社労士成年後見センター北海道 組織図

一般社団法人社労士後見センター北海道 組織図